自律神経失調症かどうかどのようにチェックできるか?

自律神経失調症は身近な病気になってきています。

 

 

 

またこれは現代病の一つで、若い人からお年寄りまで発症しうるものです。

 

 

 

自分が発症するかも知れず、または家族の成員や親しい友人が発祥することがあります。

 

 

 

それで自律神経失調症かどうかをまず自分でチェックできるようになりましょう。

 

 

 

またこの情報を知っておくならば、友人などから健康面で相談を受けたときにチェックしてあげる事もできるでしょう。

 

 

 

まず最初に、何か病気の疑いがないにもかかわらず、体の調子が優れないときにチェックする事をおすすめします。

 

 

 

なぜなら自律神経失調症は体の調子を整える神経がうまくコントロールできない事から生じるからです。

 

 

 

まずは胃腸の調子です。

 

 

 

もし下痢や便秘に悩まされているかチェックしましょう。

 

 

 

胃腸の調子が優れないときには胃腸薬を飲んで済ませてしまう事があるかもしれませんが、もしかしたら胃腸の働きをコントロールする自律神経が弱っているのかもしれません。

 

 

 

特に、通勤や通学前に必ずお腹が痛くなる場合はストレスが関係している事があり、自律神経失調症の一つの症状です。

 

 

 

次にあげるのは睡眠に関してです。

 

 

 

もし自律神経が正常に働いているなら、寝なくてはいけない時間にきちんと眠くなり、起きなくてはいけない時間帯にはきちんと起きることができます。

 

 

 

毎日の生活の中で、深夜何時になっても眠くならない、朝起きるのがつらすぎて、会社や学校に遅刻してしまう事がある、昼間に眠くて眠くて仕方がないなどの場合も自律神経失調症の疑いがあります。

 

 

 

異常にに汗をかいたり、かかなかったりする。

 

 

 

汗を出すかどうかは体温の調整として自律神経が行なっています。

 

 

 

それで暑くもないのに汗が出てしょうがないとか、暑いのに汗がまったくでないなどの症状は自律神経がうまく汗線をコントロールできていない証拠です。

 

 

 

このように幾つかのチェックするポイントがありますが、それで自分でもしかしたらと疑いがあったら早めに医療機関で診断を受けましょう。