自律神経失調症に対する薬とその効果

自律神経失調症で処方される薬として、まず自律神経調製剤が挙げられます。

 

 

 

その名のとおり自律神経を安定させるための薬で、副作用も少ないのですが、精神的な負担が原因で自律神経失調症になっている場合には、これだけでは不足です。

 

 

 

そこで精神を安定させるために処方されるのが精神安定剤ですが、こちらは気持ちをリラックスさせてしまうために、眠気や脱力感が発生するという問題があり、服用には注意が必要です。

 

 

 

その他、自律神経をうまく働かせるために、ビタミンA・B・C・Eを補充するビタミン剤が処方されることもありますし、ホルモンバランスの乱れが原因と思われる場合には、ホルモン剤の使用も考えられます。

 

 

 

これらを基本としつつ、患者一人ひとりの状況を見て、薬を足し引きすることになります。

 

 

 

また、かつては西洋医学が重んじられ、薬もそうした物だけが使われていましたが、現在は東洋医学の力を借りるケースもあります。つまり、漢方薬です。

 

 

 

普通の薬に比べると漢方薬は副作用が少なく、身体への影響が少ない物が多いとされています。

 

 

 

よく使われるのは、黄連(おうれん)、芍薬(しゃくやく)、抑肝散(よくかんさん)といったもので、いずれも神経の興奮を抑えてくれる効果があります。

 

 

 

それに加え、黄連には下痢や胸がつかえる感じの解消、芍薬は血圧低下、抑肝散は安眠といった作用があり、これらを患者の状態により使い分けたり、組み合わせたりします。

 

 

 

漢方薬は個人で購入することもできますが、気になる薬がある場合には、それを試す前に必ず医師に相談してください。

 

 

 

自律神経失調症は病状や治療の進展に大きな個人差があり、そのため短期間で治ってしまう人もいる一方で、数年以上かけて良くなっていく人もいます。

 

 

 

そして残念なことに、自律神経失調症には飲んですぐに劇的な効果が出る薬はありません。

 

 

 

しかし、だからといって指示された薬を飲むことをやめてしまえば、治療はそこで停滞してしまいます。

 

 

 

なかなか結果が出なくても医師の指示を守り、焦らずじっくりと治療に取り組むことが大切です。

自律神経失調症は生活習慣の乱れから生じる場合があるといわれています。

 

 

睡眠も関係していますが、食生活も関係しています。

 

 

それゆえ、現代人が自律神経失調症を発症させるケースが増えているのです。

 

 

なぜなら現代人の食生活は乱れがちです。

 

 

夜でもオープンしているお店も増えたり、テレビやインターネットの復旧に伴い夜型の人が増え、その結果、朝食を抜いてしまう人が多いです。

 

 

もし朝食を抜いてしまうなら、体が必要な栄養素を取り入れる事ができずに働かなくてはいけませんから、自律神経の働きもハードになり、自律神経を弱める結果になってしまいます。

 

 

また朝食をとらない以外にも我々現代人の食事が変化してきている事も関係しています。

 

 

外食をする機会が増え、コンビニエンスストアなどの食事を取る機会も増えています。

 

 

それは確かに便利ですが、私達に必要な栄養素がかけてしまうこともあります。

 

 

ではどのような食事を心がけるなら自律神経失調症に良いのでしょうか?

 

 

必要なのはビタミン系です。

 

 

それでインスタント食品に頼るのではなくて野菜をとるようにしましょう。

 

 

外食が多い人でも少し気をつけてサラダを追加で注文したり、脂っこい料理ではなく和食を選ぶ事によってもできるでしょう。

 

 

他に必要なのはミネラル分です。

 

 

ミネラルは心臓に良い働きかけをしますので、動悸、息切れがする人は注意してとる事をおすすめします、ミネラルは海藻などを通してとる事ができますので、この点でも和食はおすすめです。

 

 

食事のないよう以外にも気をつけなければならないのは、食事の時間です。

 

 

もし不定期になっているのならそれは危険です。

 

 

確かに現代人は忙しい生活を送っていますので、昼食を抜いてしまったり、夜遅い時間帯に食事を取らなければならない事もあるでしょう。

 

 

しかし不定期な食事は自立神経に負担をかけてしまいます。

 

 

それでよいスケジュール管理をして規則正しい時間に食事を取るように心がけましょう。

 

 

そうするなら体内時計のリズムを整える事ができます。

続きを読む≫ 2016/08/29 08:51:29

私達人間の体の中にはいくつものツボがあります。

 

 

そしてそのツボを刺激する事によってそのツボと関係しているからだの部分の不調を和らげる事が出来ます。

 

 

ですから自立真剣失調症を発症してしまった場合にもツボを刺激する事によって症状を緩和する事ができます。

 

 

自律神経失調症といってもその症状はは人によって様々です。

 

 

それで、症状別に効くツボについて考えます。

 

 

最初に考えるのはは気分が重いときに効くツボです。

 

 

効果的なツボは二つあって天柱と風池です。

 

 

この二つは近くに存在します。

 

 

天柱は高等部の生え際の部分で頚椎をはさんで両方にあります。

 

 

そしてその少し上に風池があります。

 

 

このツボを押すと肩こりが軽くなったり、頭がすっきりする効果を感じるはずです。

 

 

それによって重くなっていた気分も改善されます。

 

 

次に考えるのはいらいらしたり、興奮状態が取れないときに効くツボです。

 

 

寝たいのに寝付けなかったり、心臓のドキドキが止まらないときに効果的です。

 

 

それは労宮と曲池です。

 

 

どちらも手のツボですが、労宮は手のひらのほぼ中央部分にあり、曲池はひじにあります。

 

 

ひじを曲げたときに内側に出来るしわの先端部分ですから初心者でも見つけやすいでしょう。

 

 

その二つを交互に3ずつかけて押し、3秒離すなら効果が得られます。

 

 

自分でも押しやすいツボですから、緊張状態にあるときなどに、思い出してこのツボを押すと良いでしょう。

 

 

次は足のツボです。

 

 

特に足の裏には沢山のツボがあるといわれていますが、自律神経失調症に効くのは足の親指のツボです。

 

 

足の親指は脳と関係があります。

 

 

ですから親指を刺激するなら脳内の血行が促進されます。

 

 

それによって頭痛が軽減したり、頭がすっきりして気分も明るくなるでしょう。

 

 

おすすめはお風呂からあがったあとなど、足の血行がよくなっている状態で柔らかくマッサージする事です。

 

 

このようにツボは自律神経失調症に効果がありますが、予防にも効果があります。

 

 

それでこの事を覚えていて、疲れやストレスを感じたときに試してみましょう。

続きを読む≫ 2016/08/29 08:48:29

自律神経失調症は誰でもなりえる病気です。

 

 

 

しかし決して治らない病気ではありませんので、自律神経失調症であると医療機関で診断されたとしても、焦らずに対応しましょう。

 

 

 

その治療の方法は沢山ありますが、安全なものとして漢方薬が注目されています。

 

 

 

なぜ漢方薬が自律神経失調症の薬として注目されているかといいますと、それは安全だからです。

 

 

 

漢方薬は自然の植物や実、木によって生成されている生薬です。

 

 

 

ですから私達の体が受け付けやすくなっておりますし、歴史的にみても長く使用されていて安全性が証明されています。

 

 

 

西洋医学で使用される科学的な薬も確かに効果があるといえますが、副作用も心配になってくるからです。

 

 

 

とくに自律神経失調症の場合は、風邪のように何日か薬を飲んだら症状が改善されるというものではなくて、

 

 

 

何ヶ月も飲み続けて初めて効果が出始めるというものですから、出来るだけ体に負担をかけないものを選びたいと思うでしょう。

 

 

 

また漢方薬は様々な生薬を使用しており、それぞれの症状にあわせて処方されます。

 

 

 

ひとえに自律神経失調症といっても、人それぞれ症状が異なります。

 

 

 

ある人は胃腸に問題が出ていたり、頭痛が多かったり、または不安な気持ちに襲われている人もいます。

 

 

 

それでお医者さんはその自律神経失調症のなかで患者さんが一番困っている部分を聞き出し、その症状を改善させるために漢方薬を用いる事ができます。

 

 

 

その漢方薬の効果は体の不調を改善させるだけでなく、免疫を強化して体を強める事もできます。

 

 

 

もちろん神経にも働きかける事ができますから、いろいろな方向から自律神経失調症に戦う事ができるのです。

 

 

 

自律神経失調症を発症しているときには、体が弱っている証拠ですから、他の病気も平行して発症してしまう事が多いです。

 

 

 

それで漢方薬によって総合的に体の調子を整える事によって、自律神経失調症とともに他の病気にも対抗し、健康な体を手に入れることが出来ます。

続きを読む≫ 2016/08/29 08:45:29

自律神経失調症は身近な病気になってきています。

 

 

 

またこれは現代病の一つで、若い人からお年寄りまで発症しうるものです。

 

 

 

自分が発症するかも知れず、または家族の成員や親しい友人が発祥することがあります。

 

 

 

それで自律神経失調症かどうかをまず自分でチェックできるようになりましょう。

 

 

 

またこの情報を知っておくならば、友人などから健康面で相談を受けたときにチェックしてあげる事もできるでしょう。

 

 

 

まず最初に、何か病気の疑いがないにもかかわらず、体の調子が優れないときにチェックする事をおすすめします。

 

 

 

なぜなら自律神経失調症は体の調子を整える神経がうまくコントロールできない事から生じるからです。

 

 

 

まずは胃腸の調子です。

 

 

 

もし下痢や便秘に悩まされているかチェックしましょう。

 

 

 

胃腸の調子が優れないときには胃腸薬を飲んで済ませてしまう事があるかもしれませんが、もしかしたら胃腸の働きをコントロールする自律神経が弱っているのかもしれません。

 

 

 

特に、通勤や通学前に必ずお腹が痛くなる場合はストレスが関係している事があり、自律神経失調症の一つの症状です。

 

 

 

次にあげるのは睡眠に関してです。

 

 

 

もし自律神経が正常に働いているなら、寝なくてはいけない時間にきちんと眠くなり、起きなくてはいけない時間帯にはきちんと起きることができます。

 

 

 

毎日の生活の中で、深夜何時になっても眠くならない、朝起きるのがつらすぎて、会社や学校に遅刻してしまう事がある、昼間に眠くて眠くて仕方がないなどの場合も自律神経失調症の疑いがあります。

 

 

 

異常にに汗をかいたり、かかなかったりする。

 

 

 

汗を出すかどうかは体温の調整として自律神経が行なっています。

 

 

 

それで暑くもないのに汗が出てしょうがないとか、暑いのに汗がまったくでないなどの症状は自律神経がうまく汗線をコントロールできていない証拠です。

 

 

 

このように幾つかのチェックするポイントがありますが、それで自分でもしかしたらと疑いがあったら早めに医療機関で診断を受けましょう。

続きを読む≫ 2016/08/29 08:43:29